2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / 本日の俺! / 2013年1月24日 河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜 No.10
本日の俺曲

GOING UNDER GROUNDの裏側が見える?バンドメンバー+αでお送りする日替わりダイアリー!

2013年1月24日 河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜 No.10

あれは一体なんだったのだろうか。

ぼくは埼玉の田舎出身なので、子どもの頃の話を東京の人にすると驚かれることがあるのですが、その最たるものといえばやはり「昆虫食」、これでしょう。

あれは小学校にも入る前、保育所で、竹馬やらコマやらでわいわい遊んでいた頃のことですが、保母さんがよく、おやつを持ってきてくれるんですね。だいたいはお煎餅とか、かりんとうとか、ふつうのお菓子なんですけれども、でも時々、あるんです。イレギュラーなものが。

たとえば「つくし」。春先に生えるアレです。当時は、あ、これも食べるものなんだー、なんて思って特に不思議には思わなかったものですが。大人になってふとそんな話をすると、けっこうびっくりされます。えっ、つくし食ってたの? という…

でも「つくし」なんかまだいい方で(植物ですから)、問題は虫ですよ。虫!

あるとき、おやつとして普通に「イナゴの佃煮」が出てきたことがあって、そのときは子どもながらに若干、たじろいだのを覚えています。えっ、これバッタ? 食べれるの?

しかし躊躇すれど、そこはやはり昭和の子ども。これは食べるものなんだナー、と簡単に思って、よくわからないまま、むしゃむしゃ食べましたね。いまの現代っ子には想像もつかないでしょう。だって、ふつーにバッタ食ってるわけだから!

念のため申しますと、昆虫食というのは何も汚れたものではありません。重税に苦しんだ農村の歴史的背景があり、それは脈々と受け継がれた人間の生きる知恵でもあったのです。

しかしあるときから、そのイナゴ話もぱったり聞かなくなり、もしかしたらぼくが子ども時代を過ごした昭和末期が最後の昆虫食世代なのかなあと…なんとなく、懐かしい気持ちになりつつ、しかしやはり、思いますねえ。

あれは一体、何だったのだろうかと…。

2013年1月24日

GOING UNDER GROUND 公式モバイルサイトのご案内

「GOING ON LINE」では、GOING UNDER GROUNDの最新情報や、メンバー発信の日記など、続々と更新中です。是非ご覧下さい。

※スマートフォン・携帯専用サイトとなります。

GOING ON LINE(http://goingunderground.jp/)

「松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜」の記事一覧

「中澤寛規の本日の俺!〜青春問答無用〜」の記事一覧

「石原聡の本日の俺!〜聡のここだけの話〜」の記事一覧

「河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜」の記事一覧

「社長の本日の俺!〜社長のダイエットリターンズ〜」の記事一覧

記事一覧へ戻る
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。