2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / 本日の俺! / 2013年1月21日 松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜 No.8
本日の俺曲

GOING UNDER GROUNDの裏側が見える?バンドメンバー+αでお送りする日替わりダイアリー!

2013年1月21日 松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜 No.8

東京に今年初の雪が降った。しかも大雪。部屋の窓を何度も開けたり閉めたり。

そんな雪の日に思い出すのは、何時だってサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を読んだ日の事。

初めて自分でお金を出して買った本。近所の本木書店という古本屋で確か値段は20円、所謂タイトル買いのような気がする。その頃ブランキーの「小麦色の斜面」と云う曲が大好きで、それに近いものを何か感じたんだ…と思う。(でもブランキーの音楽からサリンジャーの小説ってベタだけど間違ってないよなぁ。)とにかく13歳の俺は、何かピンと来るものを感じて「ライ麦畑でつかまえて」を買った。とは言えすぐに読み始める事もせず、しばらくは部屋の隅にほったらかしたまま本の存在を、忘れてしまっていた。

そして大雪が降った中学一年生の冬休み、家から一歩も出れず暇を持て余しふっと20円で買った本の事を思い出しページをめくる。主人公ホールデン・コールフィールドの独白から始まる物語。駄目な友達の話を聞くような不思議な感覚。きっと誰もがこの本を読んで「これは自分の為に書かれた本だ!」と興奮したんだろう。時間が経つのも忘れ、読み耽る。初めて自分でお金を出して買った本を、初めて一日で読破する。その達成感も心地よかったし、クラスの誰も知らない事を知ってるんだぜと言う可愛い優越感もあった。でもライ麦を読んで何より嬉しかったのは、大人でも子供でもない自分の中で、モヤモヤして言葉に出来ない感覚を、主人公ホールデン・コールフィールドがあーだこーだ言いながら代弁してくれてた事。それも俺たちの言葉で。(翻訳は断然野崎孝派です!)

あれから20数年経つが本棚の中に変わらず「ライ麦畑でつかまえて」がある。でも、もうあんな気持ちで読む事はないから、あえて読まない。いつの日か、自分が20円で買って読んだこのライ麦~を子供にプレゼントしようかなと思ったりしたけど、それも違う気がする。この小説はきっと、言葉に出来ないモヤモヤを抱えたティーンエイジャーが自分で見つけてこそ意味がある気がするから。

2013年1月21日

GOING UNDER GROUND 公式モバイルサイトのご案内

「GOING ON LINE」では、GOING UNDER GROUNDの最新情報や、メンバー発信の日記など、続々と更新中です。是非ご覧下さい。

※スマートフォン・携帯専用サイトとなります。

GOING ON LINE(http://goingunderground.jp/)

「松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜」の記事一覧

「中澤寛規の本日の俺!〜青春問答無用〜」の記事一覧

「石原聡の本日の俺!〜聡のここだけの話〜」の記事一覧

「河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜」の記事一覧

「社長の本日の俺!〜社長のダイエットリターンズ〜」の記事一覧

記事一覧へ戻る
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。