2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / 本日の俺! / 2012年12月6日 松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜 No.4
本日の俺曲

GOING UNDER GROUNDの裏側が見える?バンドメンバー+αでお送りする日替わりダイアリー!

2012年12月6日 松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜 No.4

しばらく忙しい日々。よってふらふらと図書館へ行く暇もなく過ぎた一週間。

今回はオレが、かつて読んで今も思い出したようにページを開く素晴らしい本の話を。

重松清/「きよしこ」

表紙の俯いた男の子のイラストに惹かれたか、「トワイライト」の作者の新作という触込みに惹かれたか、買った理由は忘れた。ただ、この本を読んだ日の季節や天気は、よく覚えている。その日オレは、出来たばかりの曲の歌詞を考えていた。最初の何節かはスラスラ書けたのに、それ以降何を書いても納得がいかず、悶々としていた。

そして気分転換に読書でもと、散歩がてら近所の本屋でこの本を購入し、いつもの喫茶店の窓際の席へ。

ページを開いて間もなく主人公の男の子が作者自身だと云う事に気付く。

吃音で上手く話せない男の子の成長と旅立ちの物語。

つまりは私小説。なのに自分の記憶の中に、隠しておいた気持ちを書かれているような不思議な感覚。主人公が吃音と云うコンプレックスを抱えた上で話が展開されて行くが、自分も

かつて(今でも)○○で○○な男の子なんだと言う事に気付く。あの頃幼すぎて言葉に出来なかった心の痛みや悔しさを、愛おしく作者が綴る。色々な事を忘れたふり出来るようになった大人には、そんな風景がことさら沁みる。

そしてコンプレックスを題材にしながらも読み終えた後の清涼感は、作者の人としての優しさと逞しさがあるからなんだろう。

少しのつもりが、結局いつもの喫茶店で全てを読み終え、感動を胸に家に帰る。

そして、その夜「サンキュー」という曲の歌詞が完成した。

2012年12月6日

GOING UNDER GROUND 公式モバイルサイトのご案内

「GOING ON LINE」では、GOING UNDER GROUNDの最新情報や、メンバー発信の日記など、続々と更新中です。是非ご覧下さい。

※スマートフォン・携帯専用サイトとなります。

GOING ON LINE(http://goingunderground.jp/)

「松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜」の記事一覧

「中澤寛規の本日の俺!〜青春問答無用〜」の記事一覧

「石原聡の本日の俺!〜聡のここだけの話〜」の記事一覧

「河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜」の記事一覧

「社長の本日の俺!〜社長のダイエットリターンズ〜」の記事一覧

記事一覧へ戻る
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。