2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / 本日の俺! / 2012年11月27日 河野丈洋の本日の俺!〜丈談から駒〜 No.3
本日の俺曲

GOING UNDER GROUNDの裏側が見える?バンドメンバー+αでお送りする日替わりダイアリー!

2012年11月27日 河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜 No.3

もうすぐ忘年会シーズンですね。ぼくも飲むのは好きですが、お酒が入ってもべつに大きな声を出したり、椅子から転げ落ちたり、会の最中に寝たりはしません。淡々と飲みます(逆にそれが、こいつまだ帰らないんかい、みたいな感じで嫌がられたりしますが……)。

どうやって帰宅したのかが思い出せなかったことが一度あったけど、基本的には記憶もなくさないほうです。父が宮崎の人で、母が新潟の人なので(どちらも酒どころ)たぶん体質的に耐性があるんじゃないかと思いますが、今回ぼくが書きたいのは、わたしは酒に強いのですワハハ、というようなことではなく、実はそんなぼくにも「弱点」があるということなのです。それは何かというと、赤ワイン。

味は好きです。量もいけます。つまり、嫌いではないんです。では何が問題なのかというと、赤ワインの中には、飲み始めると、即(二口か三口くらいで)頭が痛くなってくる、そういう怖いものがあります。あくまでぼくにとって、という話です。これも体質的なものなのかもしれないですが、原因はいまだによくわかりません。酸化防止剤が合わないのかもしれないし、そうではないのかもしれない。

そして問題の本質は「それを特定できない」ことです。産地とか品種とか年代とか、ワインはとにかく種類が多すぎて、誰かが注文して目の前を運ばれていくワインは毎回、必ず、ちがうもののように思えます。仮に「大丈夫なワイン」がひとつ見つかったとしても、それをまた別の機会、別のお店で飲めるかどうかということを考えると、これはたいへん可能性が低いことです。

乾杯~その後、即頭痛、という、この非常に残念な状況を忌避する解決策としては、赤ワインには手を出さないということしかない。たまに飲みたいなと思っても、がまんがまん。どんなに勧められても、がまんがまん……。

酒に強いことの代償、というとなにやらカタいですが。まあ、他のものが飲めるんだからいいじゃねえかと、何でもかんでも欲しがるなよと、そういう話かもしれないですね。

2012年11月27日

GOING UNDER GROUND 公式モバイルサイトのご案内

「GOING ON LINE」では、GOING UNDER GROUNDの最新情報や、メンバー発信の日記など、続々と更新中です。是非ご覧下さい。

※スマートフォン・携帯専用サイトとなります。

GOING ON LINE(http://goingunderground.jp/)

「松本素生の本日の俺!〜散歩のとき何か読みたくなって〜」の記事一覧

「中澤寛規の本日の俺!〜青春問答無用〜」の記事一覧

「石原聡の本日の俺!〜聡のここだけの話〜」の記事一覧

「河野丈洋の本日の僕。〜丈談から駒〜」の記事一覧

「社長の本日の俺!〜社長のダイエットリターンズ〜」の記事一覧

記事一覧へ戻る
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。