2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / 古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』 / 別冊『古本屋ツアー・イン・ジャパン〜全国古書店めぐり 珍奇で愉快な一五〇のお店〜』
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

別冊『古本屋ツアー・イン・ジャパン〜全国古書店めぐり 珍奇で愉快な一五〇のお店〜』

「古本屋ツアー・イン・ジャパン」が書籍となって発売されます!

何度も言うようだが、私はGOING UNDER GROUNDのスタッフとして働く、ひとりの中年男である。裏方として日々身を粉にして働いているが、実は“古本屋ツーリスト”と名乗り、全国の古本屋さんをめぐり調査すると言う、別の顔も持っている。

未踏の古本屋さんを見つけたら、とにかく足を運び、行き方、どんなお店か、中はどのような様子でどんな本が売っているのか、などを主観で文章化し、日々ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」で発表しているのだ。孤独で地味で偏執的な作業だが、古本屋さんには、ひとつとして同じお店が無く、想像を超えた個性を持ち合わせていたりするので、愉快な体験をすることが多い。おかげで刺激的な毎日を送り、この『GOING MAGAZINE』でも、コラムを書かせていただいたりしている。

そんな毎日の積み重ねが、ついにこの度単行本化することとなった。異常な更新量と、異常で過剰な文章を書き続けた、愚行と研鑽の結果だと思っている。自分の本が出来ることと、人が自分のやっていることを見ていてくれていたと言う事実は、純粋に嬉しい。しかし何故私がここまで、古本屋めぐりなどに、のめり込むことになったのか……改めて考えてみると、すべての始まりはGOING UNDER GROUNDだったのである…。

今はツアーに帯同することはほとんどなくなったが、ブログを始めた2008年当時は、年二回のツアーすべてに付いて回り、普通に生きていたら味わえないバンドキャラバンの楽しさと、骨身に沁みるハードさを味わいながら、北へ南へと飛び回っていた。

しかし私の仕事は、いわゆるPAや照明やローディーなど、直接ライブに関わることではなく、アーカイブ用の写真撮影や、携帯サイトの管理だったので、ライブ中以外は割と暇を持て余していたのである。だから楽屋にいることが自然多かったのだが、どうも社会性に欠ける私は、人の出入りの多い楽屋でじっとしているのが、落ち着かなくてたまらないのだ。なので、逃げ出すように、外へ出る。見知らぬ地方の街をブラブラする。

そして、ある日街の片隅で、古本屋に出会ってしまったのである。元々古本好きではあったのだが、長い旅の間に荷物を増やしてしまうほど、その時はまだ愚かではなかった。しかし、旅先で古本を買う行為は、至高の体験であり、次にいつ出会えるか分からぬお店と本は、近所の古本屋より、確実に美しい光を放っていたのである。

それから、ツアー先では必ず、リハ中に近所の古本屋をめぐる習慣がついてしまい、時にライブハウスから四キロほど離れた場所に走っていたり、背徳感に襲われながら電車に乗って三駅先まで移動したりと、次第に行動がエスカレートし始める始末…メンバーのみなさん、ゴメンナサイ(もちろん仕事はちゃんとしていました!)。そんなある日、家に溜まり始めた古本をネットで売って、一稼ぎするか、と軽く浅はかに思い付く。

私はフリーランスなので、どうも収入が安定しない時があり、常々それをどうにかしたいと考えていたのだ。しかしその結果がネットで古本を売る…本当に浅はかである。そのトピックとして、ツアー先で見つけた古本屋さんを紹介するブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」を始めることとなったのである。

その後、面倒くさがりな私は、結局手間の掛かるネット古本販売には一度も着手することなく、ただただ、古本屋を調査して行く『古本屋ツアー』の楽しさにのめり込みはまり込んで行く。今はツアーに帯同していなくとも、自力で全国をめぐる日々が続いている。

時々はツアーについて行くこともあるのだが、今やメンバーから「古本屋行った?」「いい本あった?」「角に古本屋があったよ」などと話し掛けられるので、何だか決まりが悪く、照れながら外に出て行く始末…。

おかげで大いなる人生の喜びを見つけることが出来たのだが、その喜びが、古本屋が、まさか己の人生をこれほど飲み込み、楽しませ苦しませることになってくるとは…まぁこれはまた別なお話…。

本の中身は、飽き飽きするほど古本屋の話ばかりなのだが、まだまだ世界は広いと言うか、知らなくともい良いことを知るためにも、書店で見かけたらどうぞ手に取って、パラパラとページを繰っていただきたい。そこには見たことも聞いたことも無い、愉快な世界が広がっているはずである。

書籍の紹介

古本屋ツアー・イン・ジャパン 全国古書店めぐり 珍奇で愉快な一五〇のお店

小山力也・著
A5版/並製/約四〇〇ページ/解説:岡崎武志/十二月十七日発売/二四〇〇円+税/原書房

訪ね歩いた一六〇〇店余りのお店の中から一五〇店を厳選。沖縄・那覇の古本屋を訪ねた『古本屋ツアー・イン・ナハ』掘り出し物を紹介する『どひゃっほう録』などを同時収録。

2013年12月02日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。