2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第十六冊 東京 渋谷『渋谷古書センター』

現在我らがGOING UNDER GROUNDは、元映画館のライブハウス『PLEASURE PLEASURE』でマンスリーライブを行っている。場所は渋谷道玄坂。週末ともなると、享楽に溺れる若者たちが、盛り盛りな幸福感を周囲にばらまきながら、通りを上から下へ行き交っている。煌めくネオン、けたたましい話し声、混ざり合うBGM、歩道に溢れる香水と食べ物の匂い…しかし!

渋谷プライム前から、信号を渡って井の頭線方面の南に向かう。駅下の道が集まるガードを潜ると、レンガブロックがキレイに敷き詰められた、焼き鳥の煙が流れる飲屋街である。その煙越しに目を凝らすと、右手ビルに古本屋さんが入っているのに気付くだろう。古本好きやこの辺りで働いている人は知っているだろうが、渋谷のこんな場所でも古本は売られているのである。

この「渋谷古書センター」は文庫からアダルトまでをオールマイティーに扱うお店で、サラリーマンのお客さんが多く訪れる。一番の見所は、右端の文学・美術・サブカル通路であろうか。二階にはお洒落なアート系の古本屋さん「Flying Books」を乗っけている。

ラーメン屋を背にして、ウィンドウ前の三本の百均棚に近付いて行く。ルールに従い、一番右側の棚の、上から三番目の、右から三番目と…赤い背表紙の薄い文庫本…タイトルは「赤い霊柩車」…あぁ女流ミステリーベストセラー作家・山村美紗の『葬儀屋探偵明子シリーズ』の一冊である…一度も読んだことの無い、これからも読む予定などまったく無かった山村美紗を、ついに読む日が来てしまったのか…。口の端にニヒルな笑いを浮かべながら、店内で照れながら精算してもらう。

三列目三段目

新潮文庫の、三つの中編を集めた全222ページの推理小説である。一ページ目に目を落とす。非常に読み易くライトである。これならサクサク読み進むはずだ…だが、驚いたことに全然進まない!ちょっと読み進んでは、集中力がプツン、また読み進めては、プツン…どうも物語の中に入り込むことが出来ない自分が、そこにいた。これは意外に難敵だぞ…。

おおまかなストーリーは、京都の葬儀屋を経営する父が亡くなったために、その後を継いだ若い娘が主人公で、葬儀屋になってしまった故、様々な死体と出会うことになり、何故かいつもその死体のおかしな点(殺人の痕跡が隠されてるのだ!)に気付いてしまう。当然、普通に葬儀を出すはずの病死や自然死が殺人事件として発覚し、離ればなれに暮らす恋人(頻繁に京都にやって来るのだ!)と事件のナゾを解いていくという流れ。テレビでは片平なぎさが主人公を演じる『赤い霊柩車シリーズ』として映像化され、高い人気を誇っている。ちなみに山村美紗の娘、女優・山村紅葉もレギュラー出演。

トリックと謎解きはしっかりしており(古いところはあるが)、推理小説として成立している、さすがミステリー界の女王!と褒めたたえたいのだが、非常におかしな部分がある。つまりはそこが乗れない部分でもあるのだが、すべての情報が主人公と恋人の元に苦もなくスルスルと集まって来てしまうのである。普通なら非常に苦労する部分であり、判り易く言えば、それが素人探偵を成立させる難しさでもあるのだ。しかし!山村美紗はご都合主義パワーで、そんなハードルを派手にぶっ飛ばしてしまっている!

一般人ではとても手の届かない情報が、友人の新聞記者から、既知のお手伝いさんから、懇意の警察からスルスルスルスル…なので、二人はまるで神のようにすべての情報を前にして推理を進めることが出来るのである。すべては二人の推理と恋のために、小さな世界が動いている状態!

葬儀屋の仕事描写でリアリティ風味がかけられた世界は、リアリティなんかぶっ飛ばして回り続けるのである。あぁ、三話目に突入したら、ご都合主義が罷り通る快感さえ感じ始めて来てしまった…。

蛇足として、私が『山村美紗』と聞いてまず思い出すことは、実はお笑い芸人・友近のマニアックなモノマネだったりする。山村美紗は娘の紅葉に対して、夜中に変装して部屋に侵入し驚かせるような『事件ドッキリ』を時々敢行し、その反応を小説に反映させる奇癖があったと言う。それを再現したテレビのミニドラマで、友近扮する山村紅葉が、夜中に不審な物音を聞き付け、ベッドから身体をガバと起こし、怪し過ぎる京都弁で一言。「な・ん・の・お・と?」。これが本を読み終えた今でも、私にとっての山村美紗なのである。

今回の三列目三段目

赤い霊柩車』(新潮文庫)
山村美紗

今回の古本屋

渋谷古書センター
住所/〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目6−3 山路ビル
電話番号/03-3463-8151
営業時間/11時~21時
定休日/日曜日
2013年8月9日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。