2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第十五冊 東京 下北沢『古書ビビビ』

新宿から小田急線で十分、下北沢は猥雑で活気溢れる若者の街である。しかも単なる繁華街としでてではなく、音楽と演劇の街として全国にも名高い。各々のセンスでめかしこんだ男女が朝から夜中まで行き交い、熱い青春と欲望、夢と挫折を、細かい路地と雑居ビルの中に常に吹き荒らしている。最近は駅がついに地下化し、併せて街そのものを再開発する計画も動き始めているようだが、例え姿形は変わろうとも、若者のエネルギーはここにまだまだ集まり続けて行くことだろう。

そんな熱い街にも、クールな古本屋さんはしっかりと潜んでいる。しかも下北沢は純粋な古本屋さんも含め、古本を扱うレコード屋・雑貨屋・飲食店が意外に多く集まっているのだ。その中の一軒、茶沢通り沿いの『北沢タウンホール』前にある「古書ビビビ」は『下北沢の中心部』(店の窓に堂々とそう書かれているのだ!)を標榜し、休日ともなれば古本屋さんらしからぬ賑わいを見せる、良書からカルト系本までを幅広く丁寧にマニアックに集めたお店なのである。アカデミックな体系からは背を向けた、オルタナティブの叡智たち!

三列目三段目

そんなお店の店頭右側にズラッと並ぶ、手作り感満点の100均棚を覗き込む…そこで選ばれた本は…平凡社コロナ・ブックス「東京のおいしい和菓子」…お店の雰囲気にまったくそぐわぬ本を引き当ててしまった…ちょっと買うのも恥ずかしいくらいだ。店内で選んだ本と素早く精算し、そそくさと下北沢を後にする。

読み始めたのは、長野の古本屋調査に向かう、早朝の鈍行列車である。このコロナ・ブックスシリーズは、A5変型で130ページほどの、写真を中心としたビジュアルブックである。その昔、同じ平凡社から出ていた名雑誌「太陽」のグラビア企画ページを再編集したものも、同シリーズに多く含んでいる。だからビジュアルブックとは言え、読む部分は意外にボリュームたっぷりだったりするのだ。

読み始めて二十分、そこにはいつの間にか妖しい甘味の世界にどっぷりと引き込まれている自分がいた……あぁ!食べたい!

この切ない思い一点に、すでに脳内が全面降伏。数々の和菓子の写真を見ながら、それを口に放り込む幻想を、もう何度と無く繰り返している。ムニュムニュ・モッキュモッキュ・ガリゴリ・ポリポリ・ハムハム・サクサク・ペチャペチャ・パクパク…お菓子の色味や形状が違うように、幻想の食感もまた様々なのである。

和菓子には花をイメージしたものや、風雅な情景を写し取ったものが多いのだが、芸術的に凝れば凝るほど、その美しさと“おいしそう”と感じる気持ちはかけ離れて行く。やはり見た瞬間に、味をダイレクトに想像させてくれるものの方が、自分が単純故に好ましかったりするものなのだ。柳家の鯛焼き・寿堂の黄金芋・清寿軒の土手金鍔・板倉屋のかすてら焼・満腹堂の芋金・菊屋の瑞雲…書き出せばもはやキリが無い。

掲載されているのは厳選された41軒。当然知らないお菓子が多く、単純にそれは未知の味ばかりなのである。人は“好奇心”を糧に生きている生き物なので、とにかくどんなおいしさなのか、今すぐ口に放り込みたくてたまらなくなる。身悶えしながら結局三時間ほどで、未だ移動中の電車の中で読了。

これからは、古本屋さんを巡るついでに、和菓子屋さんも巡ってみることにしようか。甘味と未知の味を口に入れ、そのお菓子の裏に潜むエピソードと歴史を舌の上に転がし、古本に目を落とすのも良いかもしれない。ただしオッサンたる私は、糖分の摂り過ぎには充分注意を払わなければならぬのだが…。

今回の三列目三段目

東京のおいしい和菓子』(平凡社)
コロナ・ブックス編集部

今回の古本屋

古書ビビビ
住所/〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40-8 土屋ビル1階
電話番号/03-3467-0085
営業時間/12時~21時
定休日/毎週火曜/第一・第三水曜日
2013年6月7日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。