2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第十三冊 愛知 川名『古書 百萬文庫』

古本屋にはたくさんのジャンルを扱う一般的なお店とは別に、特定のジャンルを突き詰めた専門店と言うものがある。ミステリ・美術・絵本・近代文学・生物・戦争・料理・詩集・音楽・映画・岩波書店本などなどなどなど、その種類は列記出来ぬほど多岐に渡るが、中には本の形状に特化した専門店も存在する。それが今回訪ねた、愛知・川名の文庫本専門古本屋さん「古書 百萬文庫」!

大体105mm×148mm近辺の、あの持ち歩き易い日本版ペーパーバックだけを並べたお店なのである。全体的に少し荒れ気味で、店内にも何やら食物の匂いが漂っていたりするが、どの通路に入っても文庫本ばかりが並ぶ光景と、貴重な絶版&品切れ文庫を発見出来る喜びは、遠く離れた名古屋にあっても、恐ろしいほどの吸引力を有しているのだ!

例えばふとしたことでこのお店を思い出したりすると、『今棚にはあんな文庫やこんな文庫が並んでいるかもしれない。早く行かないと売れてしまう!』などの幻影に囚われ、いてもたってもいられなくなってしまうのである。近くにあったら、確実に毎日通っていることだろう…。

名古屋方面に行った時は(もちろん古本屋さんを訪ねにだ!)、時間があればどうにかして立ち寄りたいこのお店に、つい先日どうにかして立ち寄ってみた。訪れるのは二年ぶりであるが、その佇まいは記憶にあるものと変わっておらず、店頭両翼にビニールに包まれた古本文庫を並べた店頭は、優しく埃っぽく出迎えてくれた。右翼の均一棚群に近付き、“コ”の字に組まれた右から三番目…そして上から三段目…さらに右から三冊目…集英社文庫「天井知らず/藤本義一」。

三列目三段目

むむむむ、つい先日亡くなられたばかりで、直木賞作家であることや、テレビに出ている大阪弁の文化人であることは知っているが、作品を読んだことは一度もない。しかしどうも、この人は苦手であった。伝説の深夜番組『11PM』で、大阪弁で喋りまくる銀髪の男と言うイメージが一番強く残っているのである。

漫才ブームやダウンタウンによって、強烈な大阪に対する免疫が出来る前に出会ってしまった大阪の男。決して忌避していたわけでもないのだが、どうしても親しみを持つことは出来なかった。あえて良い思い出を上げるなら、お笑いコンビDonDokoDonの山口智光が『あー、フジモトーギーチだ』と物まねしたのを見て、大笑いしたことぐらいであろうか。これには本当に隙間過ぎて爆笑した…。

そんな苦手意識をメインとした思いを渦巻かせながら、割と厚い393ページの昭和57年発行の小説を紐解いて行く。読み始めたのは、仙台方面にガタゴト向かう、東北本線普通列車の中である。途端に、予想外に、物語にグイグイ引き込まれて行く。

実在の人物をモデルにした、戦後混乱期の一人の男の立身出世譚である。ストーリーは闇物資を港内で売りさばく『シップチャンドラー』と『映画館興行』を軸に展開し、そこに憧れの女性との初々しく純情な結婚話が絡んで行く…判り易く言えば、漫画『バクマン』のような話である。THE・男のロマンである。会話は松山弁や大阪弁で、文章は標準語で書かれており、セリフとト書きで成り立っているようであり、するすると読み易い。それにしても面白いな。これが映画化されたなら、主人公を演じるのは100%勝新太郎だ!などと思い付いてしまうくらいに面白い。主人公の考えることは時に哲学的で、今のビジネス訓のような言葉を次々と生み出して行く。『情は持つべきものではなく、情は与えるものなり』『人生の軌跡は軌跡の連続で出来ている』『信望は辛抱より生まれ、信用を招く』など。言葉遊びがまずリズムを呼び込み、次いで意味が心をノックする、心憎い言葉たち!

中でも、『言葉は弾である。標的は相手の心である。弾は標的に向かって照準合わせて、的確に射たなくてはならぬ』には身が震えた。話すと言うことの基本理念が、見事に言語化されており、あくまで当たり前のことであるのだが、胸にグッと食い込むのはどうした訳なのか…ここに来て私は、完全に藤本義一の軍門に下ってしまったのである。

仙台からの、帰りの車内で早くも読了してしまう。頭の中には、様々なうろ覚えの人生訓と、小説の中に煌めいていた楽しい音たち、『ミチ』『けッ、カッツ!』『あ・ん!』『うわうッ』などが、燠火のように頭蓋にくすぶり、反響している…楽しいひと時をありがとう、ギーチ。

読まず嫌いを少し反省した、連載一年目の春の日であった。

今回の三列目三段目

天井知らず/藤本義一』(集英社文庫)
藤本義一

今回の古本屋

古書 百萬文庫
住所/名古屋市昭和区山花町110-2
電話番号/052-990-3127
営業時間/平日AM11:30~PM9:00・土日祝日AM10:00~PM9:00
定休日/毎週水曜日
2013年4月11日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。