2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第十二冊 埼玉 北本『和幸堂』

この連載を初めてもうすぐ一年…月日が経つのは誠に早いものである。新たな気持ちで、さらに前に進むための締めくくりに、GOING UNDER GROUNDの故郷である、埼玉県・桶川に古本を買いに行くことに決める。

荒川を越え、猛スピードの高崎線で、北関東へグングン単身乗り込んで行く…が、桶川には大きなチェーン系の古本屋さんしかないのである。私は、勝手ながら画一的なそう言うお店を余り好まない傾向にあるので、桶川をあっけなくスルーして、一駅先の北本へ行くことに決める。ここなら駅前に、リサイクル系ではあるが、小さな古本屋さんが存在するのだ。

停車した桶川駅の光景をちょっとだけ眺めたら、高崎線は再び北に向かって走り出す。物凄い勢いで、桶川から離れて行く…車窓の景色は進んでも進んでも変化は無いのだが、ゴーイング・ホームタウン桶川からグングン離れて行く…いかん、これではまるで彼らと関係ない所に…と思っても後の祭り。すでに北本市に突入してしまい、夕陽が落ちる寸前の駅前に立つ羽目になる。まぁ遠く離れていても隣駅に変わりはないので、何かしら彼らにとって思い入れのある土地であろう。と都合良く解釈を進め、古本屋さんに足を向ける。

おぉ、何故か店名看板が下ろされているが、まだちゃんと営業している。西口ロータリーから線路沿いに北に進めばたどり着けるお店「和幸堂」である。早速店頭左側に置かれた、小さな店頭ワゴンを覗き込むと、コミックとノベルスと文庫が収まっている。

さて、三段目の三番目は…げげっ! コンビニコミックだ! しかも「MAJOR」…これはあまりにもあまりなので、コミックは除外することにして、その左に視線を走らせて行く…青春BEST文庫「謎の四次元ミステリー/佐藤有文」50円…ふぅ、一歩間違えたらハーレクインを読むことに。いや、いずれそう言う日も来るのだろうな…。

三列目三段目

帰りの車内で怪しげな文庫を読み進めて行く。

『四次元』を大きなくくりとして、人間消失・飛行機や船の消失・バミューダ海域・テレポテーション・タイムトラベルのエピソードがてんこ盛り。

著者はテレビや雑誌で活躍する怪奇・四次元分野の研究家とある。…そ、それにしても、子供の時に読んだ同類の児童書と、内容が全く同じではないか。新規な話はゼロで、ネタもほとんどが1920~1960年代のものばかり。もちろん科学的な検証や解決は一切無く、投げっ放しジャーマンの連続なのである!

出版は1990年だが、せめて1980年代の新たなエピソードを載せることは出来なかったものか…あぁ、これらの話に驚きおののくには、すでに私の心は汚れ過ぎていた。私は年を取り過ぎているのだ…。

家に帰り、夜更けに布団の中で読了する。『メビウスの輪』に随分ページが割かれていたなぁ…手軽に体験出来る四次元として。それに四次元のスゴさを表すのに、『卵の殻を割らずに黄身を取り出せるのだ!』って言うのが多かったなぁ。

カバーの下部をふと見ると『科学では解明出来ない驚くべき事実の数々。この不思議現象を信じられるか?!』とあった。子供の頃だったらほぼ無条件に信じ、四次元に怯えまくり、眠れぬ夜を過ごすこととなったであろう。しかしもはや眠い。四次元が何だ!睡魔はもはや四次元を凌駕した!私はもうすっかり大人なのだ。おやすみなさい、四次元の人々!私はこれからも三次元で暮らします!

今回の三列目三段目

「謎の四次元ミステリー」
(青春BEST文庫)
佐藤有文

今回の古本屋

和幸堂
住所/埼玉県北本市中央4-86
電話番号/048-593-4767
2013年3月1日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。