2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第九冊 西荻窪『盛林堂書房』

毎日毎日、阿呆のように古本屋を巡っていると、当然の如く家の中を古本が、我が物顔に占領し始める。基本的には読みたくて買っている本ばかりなのだが、人間の読書能力と言うものには限界があり、速読法なども身に付けていない凡人読書人の私は、いわゆる『積ん読』をいたずらに増やして行くだけの日々…。それを情けなく思いながらも、それでも毎日数冊ずつ『いつか読む』と思っている本を増やし続けているのである。

しかしそんな愚かな私でも、本を減らす努力を多少はしている。その内のひとつが、古本屋さんの本棚を一列借りて行っている、古本販売である!西荻窪にある老舗の古本屋さん「盛林堂書房」の常設棚貸しイベント「古本ナイアガラ」に、「フォニャルフ」の屋号で参加させていただき、読み終えた本やダブりの本を中心に、四十冊ほどを並べさせてもらっているのだ。しかし不思議なのが、売れば売るほど本が増えてしまうこと。手持ちの本でどうにか棚を構成し売り続けるのが、本を地道に減らすのには一番正しい姿…しかし売り始めると、それ自体が面白くなり始め、自分好みのテーマを設定したりして、そのために新たに本を入手し棚を彩ったりする悪循環…なので一向に本が減る気配が感じられないのだ…あぁ、俺は一体どうしたら…と結局毎日悩みながら、相も変わらず古本に囲まれて過ごしているわけなのである。

そんな苦しみと喜びを味合わせてくれる、『灯台下暗し』のお店で均一台に齧り付いてみた。このお店は古い探偵小説やミステリに強いお店なので、均一台にもそんな文庫が溢れ返っているのである。今回の本は楽しく読めるミステリが…と思いつつ、三段目の三番目…講談社文庫「日本人の歴史2 食物と日本人/樋口清之」…はぁ、こんなに楽しそうなミステリ・推理小説・探偵小説が並んでいるのに、よりによって歴史の本!?己の間の悪さを呪いつつ、仕方無く購入して読み始める。しかし第一巻は「性と日本人」か…一巻じゃなくて良かった…。

三列目三段目

203ページの割と薄手な文庫本で、日本人の食物との関わりを、古代から明治あたりまで細かく文章を分けて紹介している、とてもお腹の減る内容である。千五百種におよぶ、様々な物を食べる日本人。その犬やカラスに負けず劣らずの雑食性に驚きつつ、たくさん連なる蘊蓄を読み続けて行く。

それにしても、食物を表す漢字は、難しく読めないものが多い。そして古代食と言うのは、堅くて味付けも粗野だと思うのだが、どうにも美味しそうに思えてしまう。食から見た日本、その材料・調理法・味付け・食器…溢れる情報を面白く思いつつも、大して興味も持てず漫然と読み進める中、ひとつの食物に出会い、過去の記憶が突然ビビッと甦った!それは“蘇”と言う名の、古代の乳製品!白土三平の忍者のルーツを探る漫画で、平安貴族がその高級食材である“蘇”を『やはり蘇じゃのう』といやらしく味わうシーンが、心の奥底から浮上して来たのだ。そう言えばその未知の乳製品に憧れ、妹とヨーグルトを食べる度に『やはり蘇じゃのう』と呟く、くだらない遊びを繰り返していることもついでに思い出してしまった…。

苦しみながらもどうにかダラダラと五日ほどかけて読み終えて、様々な蘊蓄を吸収したつもりになる…当然すぐに忘れてしまうのだろうが、とにかく食事はバランス良く!に尽きることだけを心に刻み込む。

しかし読みたくもない本を毎月読むのは、ためになることも多いのだが、基本的には大いなるストレスである。あぁ、次こそは真に読みたい本と出会えるといいなぁと、奇蹟を願いつつ、今日もトボトボ古本屋さんを巡って行く。それにしても一巻じゃなくて本当に良かった…。

今回の三列目三段目

日本人の歴史2 食物と日本人
(講談社文庫)
樋口清之

今回の古本屋

盛林堂書房
(せいりんどうしょぼう)
住所/東京都杉並区西荻南2-23-12
電話番号/03-3333-6582
営業時間/10:30〜18:30
定休日/月曜日
Twitter/https://twitter.com/seirindou
2012年12月9日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。