2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第五冊 愛知 刈谷『あじさい堂書店』

“古本市”というものがある。

古本を一つの会場にドバッと集め、決められた期間で販売するイベントである。たくさんのお店から多ジャンルの古本が集まり、特定のお店に出向かなくとも、楽しく古本探しが出来るのである。

これは元々は“古本屋”と言うプロが開くイベントだったのだが、最近では一般人が一箱分の古本を持ち寄り販売する“一箱古本市”も隆盛を極め、全国各地で盛んに開催されるようになった。

そう言えば、“週末Dinner”で松本素生氏が蔵書を販売する『SOU OFF』も、規模は小さいが立派な“古本市”と言えよう。かくいうこんな私にも時々声が掛かり、会場の末席で古本を販売することもある。古本を売れば、売り上げが懐に入って来る。…私は古本屋と古本に命を懸け気味の愚か者…と言うわけで、売り上げはそのまま古本界に還元することを心掛けている。

その還元方法は、地方の古本屋さんへと足を延ばすこと!……自分でも一体何をしているのか良く判らなくなることが確かにある…。が、これでいいのだ!私はこれでいいのだ!と自分に言い聞かせ、ガタゴト鉄路を遠方へ移動する。

そんな経緯で今回やって来たのは、豊橋と名古屋の中間にある刈谷。静かな地方の変哲の無い街で、夏の炎熱に容赦無くギラギラと炙られ、人影は少なく開いているお店も少ない。しかし目指して来たお店、『あじさい堂書店』はしっかりと揺るがずに開店していた。

おぉ、変わった形の古本均一棚が出ているな…縦長の年季の入ったフレームワゴンが二台…右側に近付き、まずは上から三段目の棚…古い実用ノベルスが多い…右から三番目…時代を感じさせる一冊の本を手にする。永岡書店「頭のトレーニング第二集/長岡鉄男」。昭和四十三年の発行で四刷。

三列目三段目

この類いの本を見て私が思い出すのは、心理学者・多湖輝の『頭の体操』シリーズ…。

昭和四十年代当時、ちょっと前の脳トレブームのようなクイズブームがあった。その牽引役となったベストセラーシリーズ本が『頭の体操』なのである。なぞなぞから一歩も二歩も踏み出した、人間の盲点を突きまくるクイズ群!これはとにかく面白く、物事を多角的に見て、常識を疑うと言うことを、徹底的に叩き込まれたものである。

さて、そこで今回私が手にすることなったこの本…サイズと言いカバーデザインの雰囲気と言い、全く持って「頭の体操」に似ているのである…柳の下の二匹目の泥鰌臭がプンプン…四刷もいってると言うことは、見事に成功したのだろう…。

中をパラパラ捲ってみると、奇数ページに問題があり、その次の偶数ページに答があるのも同じ構成。まぁとにかくこれを読まねばならないのだ、とため息をついて購入。少しでも頭が活性化するといいのだが…。

選択問題・クロスワードパズル・絵物クイズ・数学クイズ・推理クイズ・科学クイズなどで構成され、全88問。

結構意地が悪く、パズルの難易度も高め。気持ちの良い『やられた!』と言う感じはなく『そんなのありですか?』と言う難しさが連続する。がんばってチャレンジしてみたが、19問しか正解出来ず、解説で『そのくらい融通のきかない頭では先が思いやられる』などと罵倒され、不愉快な敗北感に拍車を掛けられる始末。

また読者へのサービスなのか、エロいアダルティな問題が、十問に一問出現する。もちろん答えはエロいものではないのだが、『そちら方面を考えてしまった人は、実に考え過ぎである』などと必ず解説で戒められる展開…あぁ私の頭脳は、この瞬間にも活性化しているのだろうか…。

ただし、巻末の三十ページに渡って掲載されたクイズの作り方はとても面白い。

“クイズ”と“テスト”の違いから始まり、そのルール、さらに人を楽しませる問題を作るにはどうすれば良いかの特殊なノウハウが、簡易とは言え惜しみなく公開されているのだ。

中でもクロスワードパズルを作るために自作した特殊な字引の話は興味深い。二字の単語(五十音順、末尾五十音順)、三字の単語(頭の字で統一・真ん中の字で統一・末尾の字で統一)、四字の単語(頭から末尾まで四種類)などと、並べる言葉を探し出すために特化した字引を持っているとのこと。

そんな風にして、東京駅に着く頃には、すっかり読了。そしてもうすでにこの本を持て余し始めてしまっている。

何時か何処かでまた古本市に出たら、その時にこいつも並べてみるか。まったく売れない予感が、ビシビシ背中を走っているが…。

今回の三列目三段目

『頭のトレーニング第二集』
(永岡書店)
長岡鉄男

今回の古本屋

あじさい堂書店
(あじさいどうしょてん)
住所/愛知県刈谷市桜町5-29
電話番号/0566-24-1707
営業時間/10:00~20:00
定休日/火曜日
2012年08月04日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。