2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第四冊 蔵前『御蔵前書房』

蔵前は浅草の南の隅田川沿いに広がる街で、昔は米蔵が並んでいたことから、この名が付いたと言われている。

今はピカピカのビルばかりが建ち並び、割と無機質な景色が広がっているのだが、ちょっと裏道に入れば、小さな神社や古い商店がチラホラ残っており、わずかな昭和の残り香を楽しむことが出来る。

しかし!メインストリートの『蔵前橋通り』にも、恐ろしいほど昭和を感じさせる一軒の古本屋さんが、ビルに挟まりがんばっていたりする。

最初は誰しもガ〜ンと衝撃を受ける「御蔵前書房」…古く年季の入った…いや、はっきり言おう!ボロボロになったいにしえの木造建築商店の姿を、平成の世に伝える市民的文化遺産である!

両国が近いためか、相撲関連本が多いのも特徴…がしかし!目指す場所は均一台!店頭右端に出ている文庫群に狙いを定め、フラフラと近寄って行く。

あぁっ、文庫が二段しかないじゃないか!うーん…仕方無い、上の単行本の棚から、一段二段と数えてしまおう。

一・二・三段目で文庫台…そして右から三番目の本は…ぎゃっ!こ、これはぁ!文庫の形はしているが、地図!しかも縁もゆかりも無い大阪の地図!

三列目三段目

でも読むには楽かも…いや、これ、読むと言う行為に、当てはまるのだろうか?何か、妙な形のハードルを越えなければならない予感が、背中を走って行く。

2000年出版の四十刷を数える、昭文社「文庫判 大阪区分・都市図」。全百三十ページに大阪がすっぽり収まっている寸法である。

まず表紙を眺めて知ったことは、値段シールを見ると『20120619』とあるので、最近店頭に出したものであること、大阪市は24区であること。

パラパラと色の薄めな四色ページをめくり、取りあえずは心に引っ掛かる箇所を探して行くことにする。全国の古本屋を訪ね廻っているため、地図は良く見る方なのだが、こういう風に無目的に地図を眺めるのは、地理の授業で退屈を紛らすため地図帳を捲った時以来ではないだろうか…。

ふむ、大阪は『大阪湾』に面し、縦に広がっている。兵庫・京都・奈良・和歌山と接しているのか。行ったことがあるのは、大阪駅周辺・大阪城公園・心斎橋・難波・十三・京橋・天王寺(踏切の近くで絡まれたっけ…)・南港…そのほとんどがライブと古本屋絡みの行動で、観光などは一切しておらず、大阪全体とそれらの位置関係は、まったく頭に刻み込まれていないことに気付く。

現実の街の風景と平面の地図が脳内でピタッと合致すれば、もっとこの行為を楽しめるのであろう。新鮮と言うか、見知らぬ愛着の無い土地の地図を見るのは、中々大変な作業なのだと、身に染みて理解する。

しかしさらに読み続ける!

中心部の鉄道は環状線もあり、地下鉄も縦横に走っているので、しっかり頭に叩き込めば、東京より使い勝手が良いかもしれない。そして水と接している土地が非常に多いことが判る。中心部は川と海で、南にはびっくりするほど池が多いのだ。この穴空きチーズのような池の多さは、実際の景色で目にしたらどんなことになっているのだろうか。おぉ、そしてたくさんの前方後円墳たち!

あれ?この地図、ページごとに縮尺が違ってるんだな。都市部の詳細図は大体一万分の一で、区は二万分の一〜四万分の一、市は三万分の一〜五万分の一となっている。全二十四種。

だから目安の距離スケールも、ページごとに長さが微妙に変えてある。方角も本の天を北に設定したものと、左に設定したものの二種がある。…うう、やはり何だかひどく不毛なことをしている感じがするが、我慢我慢…。

おっ、北区のページに印がつけてあるのを発見。堺筋線『南森町駅』と『天神西町』に、緩やかにボールペンで丸が付けられている。

あまり使用感の無いキレイな本に残された、前持ち主の唯一の痕跡である。もしかしたら、この場所を確認するためだけに、咄嗟にこの地図を購入したのではないだろうか。

むっ、鉄道路線図の駅名におかしな部分を発見!小さ過ぎて良く見えないので、ルーペで拡大して観察…『妙見の水…』と言う文字に、逆さになった文字が重なってしまっている。下半分が逆さになった文字だ…解読すると『妙見の水広場前』が正解のようだ。妙な達成感を感じつつも、ふう…きりがない…と一息…。

この地図を読むと言う行為に、恐らく読了はありえない。これはやはり、その土地に携えて行き、そこで使って初めて最大の威力を発揮する。

それにしても、もうちょっと大阪のことを知らなければ、この地図を使いこなすきっかけを掴むのは難しそうだ。私にとってのそのきっかけは、やはり古本屋さんと言うことになるだろう。

だから今はひとまずページを閉じて、次回の大阪行きに持って行くと心に誓う。せっかく手に入れたのだ。十二年前の地図だが、そんなに困ることもないだろう。

今回の三列目三段目

大阪 区分・都市図 (文庫判)』(昭文社)

今回の古本屋

御蔵前書房
(おくらまえしょぼう)
住所/東京都台東区蔵前3-12-10
電話番号/03-3866-5894
営業時間/8:00-19:00
定休日/日曜・祭日
2012年08月04日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。