2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第三冊 大阪『中尾書店・支店』

大阪駅近くのある古本屋さんが、六月に閉店してしまうので、それをわざわざ見に行った。頭のネジが緩んだ者の行動である。

しかし、毎日新たな人が生まれ死んで行くように、古本屋さんの世界も同様の新陳代謝を繰り返している。

その古本屋さんに異常な執着心を抱く私は、どうにかして、それらの記録を少しでも残しておきたいと、常に思っているのだ。全部は無理でも、手の届く所はどうにかして…あぁしかし悲しいかな、私の両手は間違いなく蟷螂の斧なのである…。

そんなことを漫然と思いながら、初期の目的を無事に果たし、せっかくだから何処かで均一台も見て行こうと、駅北側の『阪急古書のまち』へ足を向ける。十一店が短い通路に肩を並べ合う古本街である。

存在は知っていたが、足を踏み入れるのは初めて。通路を進みながら、ガラス張りの店舗前に置かれた長テーブルの均一台を眺めて行く…が、しかし!長テーブルの縦寸の短さが災いし、文庫などが並んでいても、二段まで!三段目が無いのである…これはピンチだ。

なので、無理矢理古本街入口の「中尾書店」に狙いを定める。ちょっと変形の三段が、ここでは見出せるのだ!手前が縦に文庫が並び、奥の単行本の山の前に、文庫が横に並んでいる。

その奥横列を、右から一段・二段・三段と数え、上から一番・二番・三番…あぁ、私は何故大阪で、こんないらぬ苦労をしているのか…。

三列目三段目

そしてそこにあったのは、新潮文庫「津軽/太宰治」!昭和二十六年発行の、昭和四十九年の三十八刷。息の長いベストセラーである。

そんな太宰治から連想するのは、小山清・井伏鱒二・芥川賞がノドから手が出るほど欲しかった・三鷹・森見登美彦・古本カフェ「フォスフォレッセンス」・映画『男はつらいよ』タコ社長役の同性の太宰久雄など…太宰にあまり親しんでこなかった私は、帰りの新幹線車内でページを怖々紐解いて行く。

出版社の依頼を受け書いた、故郷である津軽の風土記…いや旅行記である。

第二次大戦中の非常時に、工夫して配給の酒を手に入れ飲み続け、津軽半島の思い出の地・初めての地を酩酊しながら巡って行く。

郷土の歴史と過去の自分の小説を織り交ぜ、異様なこだわりを見せる過去のファッションへの後悔(と同時に現在も)と、自身の輝かしい神話を創り出しながら、それを否定して憂鬱になる永遠の独り相撲!…一体何なんだ、この人は…本来なら括弧内に収めるべき心の中の言葉までが、文中に漏れ出してしまってるではないか。

そんな風に、巧みな文章と理解し難い思考に振り回されながら、ある日の常磐線車内で、この文庫を読み終える。しかしその時、雷に打たれたように、感動がこの身を襲った!

何と、最後は不意打ちの、予想を超えた突然の大団円!…太宰はこのラストが書きたかったために、津軽の旅をダラダラと続けて来たのか…ずるい人だ、この人は。すっかり手の内で、踊らされてしまったではないか…。心の中で、太宰の頬杖をついたポートレートに、完全なる白旗を上げる。

私は青森までしか行ったことがなく、津軽地方に足を踏み入れたことはない。だから、この太宰が見た風景を、いつかは見てみたいと、思い始めていた。しかし今日、テレビで映画『男はつらいよ 奮闘編』を見ていたら、寅次郎の妹・さくらが弘前から鰍沢までバスで旅するシーンが!おぉ、何たる偶然!思いとテレビがつながった、シンクロニシティ!そうか、こんな景色なのか、津軽は。ここを太宰は酔っぱらいながら、旅したのだな…。

今回の三列目三段目

津軽』(新潮文庫)
太宰治

今回の古本屋

中尾書店・支店(なかおしょてん・してん)
住所/大阪府大阪市北区芝田1-6-2(阪急古書のまち)
電話番号/06-6373-1118
営業時間/11:00-20:00
定休日/水曜日・年末年始
2012年08月04日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。