2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第二冊 横浜 伊勢佐木町『なぎさ書房』

港町・横浜と聞いて思い浮かぶもの…『ダイヤモンド地下街』『崎陽軒』『相鉄ムービル』『ありあけのハーバー』『野毛山動物園』、さらには関内の『馬車道』『県立博物館』『山下公園』『横浜スタジアム』『中華街』『伊勢佐木町』…まだ『みなとみらい』など出来ていない時代で、私の脳内横浜地図は固まってしまっている。むろんその地図の中には、古本屋もしっかりと刻み込まれている。

関内駅西側にある繁華街『イセザキモール』を西にグングン進んで行くと、段々と観光地的なよそ行きの姿から、地元感あふれる猥雑な雰囲気が滲み出して来る。伊勢佐木町ブルース歌碑を過ぎるとそれは顕著になり、自分が街の異分子になりつつあることをヒシヒシと感じて来たところで、その古本屋さんが姿を見せる…『なぎさ書房』。

満遍なく、様々なジャンルを網羅する、質の高い街の古本屋さんである。店頭にはワゴン数台と本棚が出ているが、棚の単行本は実用本が多く危険な香りがするので、道路側に置かれた100円均一の文庫ワゴンから本を選ぶことにする。

上から三段目…そして右から三番目…そこはちょうど本がナナメに飛び出し、まるで「取ってくれ!」と訴えているよう。うわっ、「方丈記」っ!参ったなぁ、古文か。本文に目をやると“ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。”…ぼんやりと覚えているフレーズ…まぁ読めないこともないか…んっ?今まで「方丈記」があった場所を見たら、隠れるようにして、もう一冊の文庫が出現している。ほほぉ、と言うことはこっちが本来の三冊目だな。助かったぞ。

三列目三段目

取り出すと、創元推理文庫「獅子座/藤雪夫・藤桂子」…合作のミステリか…長い間「方丈記」の下に敷かれていたようで、本はひしゃげて丸みを帯びてしまっている。

タイトルから、エリック・ロメール監督の映画「獅子座」(おっさんが人生の坂道を一夏の間に転げ落ちる!)を連想する。こうゆうつながりがあるだけで、まだ読んでもいないその本に、少しだけ愛着を持てたりするものだ。

帰りの東横線車中で早速読み始める。330ページほどあるので、一日で読了というわけにはいかず、五日後の茨城方面へ向かう常磐線車内で読み終えることが出来た。時代は1980年代、埼玉の「隈ヶ谷」(恐らく熊谷の変名であろう。熊谷と言えばTHE COLLECTORS…)で起こった殺人事件をきっかけに動き出す、悲愴なメロドラマの歯車!

暗号・鉄壁のアリバイ・鉄道トリック!出会い別れる男女の悲喜こもごも!物語の水底には、どっぷりとした人間ドラマが描かれているのだが、推理小説的トピックが意外なほど盛りだくさんなので、トリックを暴くためのメカニカルな描写の比重が、時にメロドラマを忘れるほどに高まってしまっている。

これはもしかしたら、合作と言う珍しい作品の魅力でもあり、弱点なのかもしれない。水島新司と里中満智子が共作した漫画、「野球狂の詩」の「ウォッス18番」を思い出してしまった…。

あとがきなどを読むと。推理小説界の雄・鮎川哲也と賞を争ったことのある作品で、長らく幻となっていたものを、娘と合作の形で現代に甦らせたとのこと。時代が変わって作品が古くなり、風俗やトリックが現代にそぐわないため、改稿し出版に至ったのである。

つまりは時代を見越した、豪華なリミックスバージョンといえよう。だが、ここには付け足され、新たな魅力を出しつつも、失ったものもまたあるはずだ。

作品は古くなったのかもしれないが、純粋で乱暴な勢いのある、元の「獅子座」を読んでみたいものである。そこには、作家の瑞々しい跳躍と閃きと息づかいが、必ず詰まっているはずなのだから。

今回の三列目三段目

獅子座』(創元推理文庫)
藤 雪夫・藤 桂子

今回の古本屋

なぎさ書房(なぎさしょぼう)
住所/神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-127-13
電話番号/045-251-0611
営業時間/11:00-21:00
定休日/年中無休
2012年08月04日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。