2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

第一冊 東京 阿佐ヶ谷『銀星舎』

私はGOING UNDER GROUNDのスタッフとして働く、ひとりの中年男である。が、それと同時に、全国の古本屋を巡る“古本屋ツーリスト”と言うマイナーな顔も持っている。

そんな私に、ダイナープロデューサーのひとりであるN氏から『何かコラムを…』と打診された。…いや、実際の所、それは有無をいわさぬ指令なのであった。

なので何かを書かなければならない…考える…こんな私に出来る事、それはやはり古本屋に絡むこと。

と言うわけで、様々なお店の店頭にある100円均一の棚から、一冊選び読んでみると言う行為を考案してみた。

ただ好きな本を選ぶだけでは面白くないので、自分の誕生日である“三月三日”にちなみ、本棚(ワゴンの場合もあり)の上から三段目・右から三番目の本を読む、と言うルールを自分に課すことにした。

こう決めておいてなんなのだが、読みたくない本を読むということは、かなりのストレスを伴う行為であろう…。

ある雨の日、締め切りが急接近して来たので、私は近所の古本屋さんへ向かった。阿佐ヶ谷・中杉通り沿いにある『銀星舎』と言う、こじんまりとしたお店である。

果たして今回読むべき本は、一体なんなのか?山村美紗とかだったら困るな…少し緊張しながら文庫の店頭棚に接近する。

三列目三段目

…三段目の…三番目…そこに並んでいたのは、新潮文庫「ただの歌詞じゃねえか、こんなもん'84-'90/桑田佳祐」…何と、これは歌詞の本か。

読むのが楽だし幸先がいいぞ!…いや、全く読みたくはないのだが…。その、裏にブックオフの値札シールが貼り付いたままの文庫を100円で購入し、早速家に帰って読み始める。

私はサザンオールスターズの歌をよく知らない。だから、たくさん続く歌詞の文字を追っていても、ほとんど音楽が頭の中で鳴る事は無い…無音なのである。

代わりに、その歌詞たちは、まるで向井秀徳のライブのように、激しい感じで叩き付けられて行く。

桑田佳祐の歌詞は、その乱暴な手法にぴったりなほど、意外に荒々しかったりする。

しかし時々、サビのみ知っているフレーズが出て来たりすると、その部分だけは音楽が鳴り始めてしまう…スイッチをカチカチとオン・オフするように、メロディが流れ始めると、その音と歌詞が合致し、向井ワールドからサザンワールドへチェンジ。歌詞は今までとまったく違うものに変化する…果たして私にとって、どちらが本物の体験なのか。

さらに読み続けると、まるで呪詛や祝詞のように、言葉が虚ろになって行く。そこから浮き上がったイメージは、女・海・砂・髪・ネオン・胸・虹・横浜・波・鎌倉・車・六本木・濡れる…そして何故か荒木経惟。

結局、二時間ほどかけて、居間の畳まれた布団によりかかって読了する。読み終わったのだが、これらの歌詞群は、まだ私に対して、意味を為していない。

無意味なのではなく、私がサザンに関わる人生を送って来なかったからなのである。

いつの日か、今日、この文庫を読んだことがきっかけで、その関わりが劇的な転換を迎えることがあるだろうか。この言葉たちに色が付き花が咲き、身体に電撃が走る時が。彼らの音楽を聴けば、それが始まるのだろうか…。

 読むはずのない本を読んでみて、ストレスと言うよりは、勝手に解決出来ない難問を抱えてしまったような、宙ブラリな気分になってしまった。しかし、とにかく最後まで読み切ることが出来て、ホッとしている。

次回も、読み切れる本が三段目×三番目に並んでいますように!そしてそれが、読みたかった本であったり、面白い本でありますように!

今回の三列目三段目

ただの歌詩じゃねえか、こんなもん ’84‐’90』(新潮文庫)
桑田佳祐

今回の古本屋

銀星舎(ぎんせいしゃ)
住所/東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-45-4
電話番号/03-3330-2888
営業時間/13:00-22:00
定休日/不定休
2012年08月04日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。