2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / 古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』
古本屋ツアー・イン・ジャパンの『均一台三段目の三番目の古本』

日本全国の古本屋&古本が売っている場所の、全調査踏破を目指す無謀なブログ【古本屋ツアー・イン・ジャパン】を運営するGOING UNDER GROUNDのスタッフのひとり「tokusan」のコラム。

お店をダッシュで巡ること多々あり。調査活動は今年でいよいよ五年目へと突入する。最近は「フォニャルフ」の屋号で古本販売も始めた。あぁ、私は一体何がしたくて、果たして何処へ向かっているのだろうか…。

別冊『古本屋ツアー・イン・ジャパン〜全国古書店めぐり 珍奇で愉快な一五〇のお店〜』

世界一の古本の街を巡った「古本屋ツアー・イン・神保町」が発売されます!

大変ご無沙汰しておりますが、私は相変わらずGONG UNDER GROUNDのスタッフとして働く、ひとりの中年男である。相変わらず飽きずに懲りずに、そして地味に、全国の古本屋さんを巡る“古本屋ツーリスト”としても活動している。

ゴーイングも、四人では最後となる新・OREATABIツアーに向けて日々奮闘中であり、初日の桶川から最高の滑り出しをするために、裏方スタッフもモシャモシャと激しく動き回っている。

続きを読む…
2014年11月21日

別冊『古本屋ツアー・イン・ジャパン〜全国古書店めぐり 珍奇で愉快な一五〇のお店〜』

「古本屋ツアー・イン・ジャパン」が書籍となって発売されます!

何度も言うようだが、私はGOING UNDER GROUNDのスタッフとして働く、ひとりの中年男である。裏方として日々身を粉にして働いているが、実は“古本屋ツーリスト”と名乗り、全国の古本屋さんをめぐり調査すると言う、別の顔も持っている。

未踏の古本屋さんを見つけたら、とにかく足を運び、行き方、どんなお店か、中はどのような様子でどんな本が売っているのか、などを主観で文章化し、日々ブログ「古本屋ツアー・イン・ジャパン」で発表しているのだ。孤独で地味で偏執的な作業だが、古本屋さんには、ひとつとして同じお店が無く、想像を超えた個性を持ち合わせていたりするので、愉快な体験をすることが多い。おかげで刺激的な毎日を送り、この『GOING MAGAZINE』でも、コラムを書かせていただいたりしている。

続きを読む…
2013年12月2日

第十七冊 東京 神田神保町『一誠堂書店』

東京には古本好きにとって“メッカ”と呼ぶに相応しい街がある。千代田区にある“神保町古書店街”がそれである(※“神田古書店街”とも呼ばれるが、神田駅からは遠く離れているので注意が必要である)。

続きを読む…
2013年10月11日

第十六冊 東京 渋谷『渋谷古書センター』

現在我らがGOING UNDER GROUNDは、元映画館のライブハウス『PLEASURE PLEASURE』でマンスリーライブを行っている。場所は渋谷道玄坂。週末ともなると、享楽に溺れる若者たちが、盛り盛りな幸福感を周囲にばらまきながら、通りを上から下へ行き交っている。煌めくネオン、けたたましい話し声、混ざり合うBGM、歩道に溢れる香水と食べ物の匂い…しかし!

続きを読む…
2013年8月9日

第十五冊 東京 下北沢『古書ビビビ』

新宿から小田急線で十分、下北沢は猥雑で活気溢れる若者の街である。しかも単なる繁華街としでてではなく、音楽と演劇の街として全国にも名高い。各々のセンスでめかしこんだ男女が朝から夜中まで行き交い、熱い青春と欲望、夢と挫折を、細かい路地と雑居ビルの中に常に吹き荒らしている。最近は駅がついに地下化し、併せて街そのものを再開発する計画も動き始めているようだが、例え姿形は変わろうとも、若者のエネルギーはここにまだまだ集まり続けて行くことだろう。

続きを読む…
2013年6月7日

第十四冊 福島 郡山『徳本堂』

今回立ち寄った福島県・郡山は『音楽都市宣言』を出しており、市を挙げて音楽の振興に力を入れている。そのためか、西口駅前のシャッターが閉まり気味なアーケード街には、リコーダーの吹き口・ピアノ・音符の形をした妙なベンチが置かれていたりする。

続きを読む…
2013年5月10日

第十三冊 愛知 川名『古書 百萬文庫』

古本屋にはたくさんのジャンルを扱う一般的なお店とは別に、特定のジャンルを突き詰めた専門店と言うものがある。ミステリ・美術・絵本・近代文学・生物・戦争・料理・詩集・音楽・映画・岩波書店本などなどなどなど、その種類は列記出来ぬほど多岐に渡るが、中には本の形状に特化した専門店も存在する。それが今回訪ねた、愛知・川名の文庫本専門古本屋さん「古書 百萬文庫」!

続きを読む…
2013年4月12日

第十二冊 埼玉 北本『和幸堂』

この連載を初めてもうすぐ一年…月日が経つのは誠に早いものである。新たな気持ちで、さらに前に進むための締めくくりに、GOING UNDER GROUNDの故郷である、埼玉県・桶川に古本を買いに行くことに決める。

続きを読む…
2013年3月1日

第十一冊 静岡 馬場町『古本ブックスランド 馬場町店』

私は常に古本屋さんを求めている。それも調査対象となる未知の古本屋さんを、である。自主的調査を開始して足掛け五年。東京都内の古本屋さんは、神保町古書店街以外は、ほぼ巡り倒してしまった。だから最近は、地方に足をグイッと延ばすことが増えて来てしまっている。未知の土地に行く楽しさと、確実に跳ね上がって行く交通費の板挟みになりながら…。

続きを読む…
2013年2月1日

第十冊 愛知 犬山『五っ葉文庫』

去年の十二月、GOING UNDER GROUNDの大阪公演にスタッフとして帯同した。以前は頻繁に行動を共にしていたが、残念ながら今は稀になってしまったので、久々に車の端っこにギュッと身を潜めながらも、ワクワクしながら一睡もせずに西へ…。

続きを読む…
2013年1月11日

第九冊 西荻窪『盛林堂書房』

毎日毎日、阿呆のように古本屋を巡っていると、当然の如く家の中を古本が、我が物顔に占領し始める。基本的には読みたくて買っている本ばかりなのだが、人間の読書能力と言うものには限界があり、速読法なども身に付けていない凡人読書人の私は、いわゆる『積ん読』をいたずらに増やして行くだけの日々…。それを情けなく思いながらも、それでも毎日数冊ずつ『いつか読む』と思っている本を増やし続けているのである。

続きを読む…
2012年12月9日

第八冊 渋谷『江口書店』

『モスラ』と言う、巨大なイモムシ、さらには巨大な蛾が大暴れする特撮映画がある。1996年版では決してなく、1961年に公開された古い方…名作なのである。この映画には、私が大好きな実在の古本屋が登場するシーンが存在するのだ!

続きを読む…
2012年11月9日

第七冊 千葉 佐原『武雄書店』

千葉県北部にある佐原は、利根川に注ぎ込む小野川を中心に、かつて舟運で栄えた『水郷の街』である。

川沿いに突然現れる、川越と柳川を足して二で割ったような古い街並に驚きつつ、そこここに、この街で五十才まで暮らした伊能忠敬の影を見ることが出来る。『大河ドラマに伊能忠敬を』などと言う幟も立っているので、観光地として今もそれなりに栄える街は、さらなる隆盛を狙っているようだ。

続きを読む…
2012年10月05日

第六冊 長野 松本『青翰堂書店』

毎年夏と冬に発売される『青春18きっぷ』は、ある一定の期間の五日分、遠くまで我らを安値で運んでくれる“魔法の切符”である。

日本全国、普通列車なら何処までも乗って行けるのだ。これがあると、遠くまでの旅費を大幅に節約出来るので、私の人生の主目的たる“古本屋ツアー”も大いにその恩恵を受けている。

続きを読む…
2012年09月07日

第五冊 愛知 刈谷『あじさい堂書店』

古本を一つの会場にドバッと集め、決められた期間で販売するイベントである。たくさんのお店から多ジャンルの古本が集まり、特定のお店に出向かなくとも、楽しく古本探しが出来るのである。

これは元々は“古本屋”と言うプロが開くイベントだったのだが、最近では一般人が一箱分の古本を持ち寄り販売する“一箱古本市”も隆盛を極め、全国各地で盛んに開催されるようになった。

続きを読む…
2012年08月04日

第四冊 東京 蔵前『御蔵前書房』

蔵前は浅草の南の隅田川沿いに広がる街で、昔は米蔵が並んでいたことから、この名が付いたと言われている。

今はピカピカのビルばかりが建ち並び、割と無機質な景色が広がっているのだが、ちょっと裏道に入れば、小さな神社や古い商店がチラホラ残っており、わずかな昭和の残り香を楽しむことが出来る。

続きを読む…
2012年07月06日

第三冊 大阪『中尾書店・支店』

大阪駅近くのある古本屋さんが、六月に閉店してしまうので、それをわざわざ見に行った。頭のネジが緩んだ者の行動である。

しかし、毎日新たな人が生まれ死んで行くように、古本屋さんの世界も同様の新陳代謝を繰り返している。

続きを読む…
2012年06月01日

第二冊 横浜 伊勢佐木町『なぎさ書房』

港町・横浜と聞いて思い浮かぶもの…『ダイヤモンド地下街』『崎陽軒』『相鉄ムービル』『ありあけのハーバー』『野毛山動物園』、さらには関内の『馬車道』『県立博物館』『山下公園』『横浜スタジアム』『中華街』『伊勢佐木町』…まだ『みなとみらい』など出来ていない時代で、私の脳内横浜地図は固まってしまっている。むろんその地図の中には、古本屋もしっかりと刻み込まれている。

関内駅西側にある繁華街『イセザキモール』を西にグングン進んで行くと、段々と観光地的なよそ行きの姿から、地元感あふれる猥雑な雰囲気が滲み出して来る。伊勢佐木町ブルース歌碑を過ぎるとそれは顕著になり、自分が街の異分子になりつつあることをヒシヒシと感じて来たところで、その古本屋さんが姿を見せる…『なぎさ書房』。

続きを読む…
2012年05月04日

第一冊 東京 阿佐ヶ谷『銀星舎』

私はGOING UNDER GROUNDのスタッフとして働く、ひとりの中年男である。が、それと同時に、全国の古本屋を巡る“古本屋ツーリスト”と言うマイナーな顔も持っている。

そんな私に、ダイナープロデューサーのひとりであるN氏から『何かコラムを…』と打診された。…いや、実際の所、それは有無をいわさぬ指令なのであった。

続きを読む…
2012年03月27日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。