2015年8月5日 GOING UNDER GROUND 「新」オフィシャルサイトがオープンしました。

装いも新たに、GOING UNDER GROUNDのオフィシャルサイトがオープン!

今後のGOING UNDER GROUNDの最新情報は

をご覧ください。

なお、GOING MAGAZINEは一定期間の公開後、新オフィシャルサイトへ統合されます。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。

GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
ゴーイングマガジン / ゴーイングミュージアム / インディーズ時代〜2001年のメジャーデビュー(1stシングル「グラフティー/凛」)
ゴーイングミュージアム

2017年でデビュー16周年を迎えるGOING UNDER GROUND。デビューから現在までのGOING UNDER GROUNDに関する発行物や過去のインタビュー記事、グッズ、写真などを「GOING MUSIUM(資料館)」と銘打ってご紹介します。

現在流通していない非売品や生産終了品はもちろん、メンバー個人が保管していたレアなアイテムまで順次公開。インディーズの頃からファンの方も、途中で一度離れてしまった方も、最近GOINGにハマった方も!

ゴーイングミュージアムで一緒にGOINGの歴史を紐解いていきましょう。

インディーズ時代〜2001年のメジャーデビュー(1stシングル「グラフティー/凛」)まで

「若い…!若いぞお前たち!だが、今となってはその若さがいとおしいぜ。勢い余り過ぎているフレッシュなオレたちをとくとご覧あれ」」(中澤寛規)

#001

中澤の手書きによる1995年当時のライブチラシ。イラストのみ河野。メンバー表記を見るとキーボードは洋一加入前のメンバーである。共演のDIRTY JOKEには現メレンゲのタケシタツヨシが在籍していた。

#002

2001年メジャーデビュー時に発行されたフリーペーパー「桶川通信」。春号と秋号の2回発行された。

#003

「桶川通信」春号より。メンバー全員のアンケート式プロフィール。それぞれの似顔絵は松本によるもの。

#004

「桶川通信」春号より。松本がメジャーデビューシングル「グラフティー/凛」への思いを綴ったセルフライナー。

#005

「桶川通信」秋号表紙。表紙写真の撮影場所は桶川にある駄菓子屋「マスヤ」前。

#006

「桶川通信」秋号より。22歳当時、東京で暮らし始めた頃の松本の一日を自ら紹介。

#007

「桶川通信」秋号より。石原と洋一という貴重な組み合わせのインタビュー。左は中澤による4コマ漫画。

2013年1月18日
GOING UNDER GROUND THE BOX
中澤寛規の酔いどれPodcast番組「赤羽 となりの座敷席」
GOING UNDER GROUND Youtube公式チャンネル
GOING UNDER GROUND Ustreamチャンネル
浦和フットボールとゴーイングマガジンのコラボ企画始動!
GOING UNDER GROUND 石原聡の一日一麺
GOING UNDER GROUND 公式ファンクラブ「TEAM GOING(チームゴーイング)」とファンクラブ会報「ひだまり画報」
浦和フットボール通信公式サイトへ
GOING UNDER GROUND 公式オンラインショップ「松本屋」
GOING UNDER GROUND 松本素生とYOUTH RECORD 庄司信也のHIPな遊び場、「週末Diner」。